Monday, 31 October 2016

アコムのキャッシングカード解約の手続き

アコムと契約すると発行されるキャッシュカードですが、解約するとカードを所有している意味は無くなってしまいます。アコムを解約する方法としては、WEBサイト・アプリ・電話などから申請を行います。申請を行うと必要な手続きが案内され、その通りに進めていくことで手続きを完了させることが出来ます。

しかし、ここでは「契約を解除する」と言う手続きを行うだけで、具体的に所有しているカードの返却方法・処分方法などはありません。所有していても使えなくなってしまうので意味はありませんが、不要であればハサミで切断して廃棄すると言った方法で処分してしまいましょう。切断してしまえば悪用される心配は無くなりますので、そのまま一般ごみとして廃棄してしまっても大丈夫です。

しかし、カードローン会社が発行するカードに関しては年会費などが発生するものがあまり無い為、「持っているだけならば何の負担も生じない」で過ごすことが出来ます。お金を借りなければ一切の費用が発生しないと言うことから、多くの人が「使わないが使える状況で持ち続ける」と言う選択をしています。

カードを持っていればいつでも使うことが出来るため、5年後、10年後にふとした理由で使うと言うことも出来ます。解約してしまえば再度申し込みから審査を経て契約と言う流れを踏まなければいけなくなるため時間がかかりますし、何よりも「契約出来ない可能性」があります。特に明確な理由が無ければ、そのまま持ち続けていた方がメリットがあります。
アコム審査攻略ガイド【申し込み方法・時間・在籍確認は?】はこちら

Thursday, 20 October 2016

オリックス銀行のカードローンを利用してお金を借りるという場合には、暗証番号が必要となります。この番号は本来であれば、申込者本人しか知らないはずです。しかし、何らかの原因により、他の人にバレてしまったらしいという場合には、早期に対策をとる必要があります。もし、その状態で申込者本人以外がオリックス銀行からお金を借りたという場合には、場合によっては借りていないにも関わらず返済を迫られる可能性もあります。
まず、他人に暗証番号が知られたと思い当たるような事があれば、すぐにオリックス銀行に問い合わせるようにしましょう。そこで、番号の変更の手続きをすることになります。手続きの流れとしては、ローンカードローンを再発行するということになります。問い合わせ後、変更依頼書が手元に送付されますので、内容を確認した上で必要事項を記入し、返送するようにしましょう。なお、新しい暗証番号を決めるという時には、安易に推測されやすい番号は避けるようにしましょう。
誕生日や同じ番号の繰り返しなどは推測されやすい番号ですので、注意が必要です。また、オリックス銀行のカードローンは、パソコンやスマートフォンからでも借り入れをすることが出来ます。契約者専用の画面によく似せた、偽物の画面が表示され、そこにログインすることにより、番号が盗み取られることもありますので、パソコンなどで手続きをする場合には特に注意をするようにしましょう。
オリックス銀行カードローン審査のポイント【申し込み手順・時間・在籍確認】はこちら

Tuesday, 11 October 2016

全身脱毛で残った毛が抜けない!なぜ?

残念ながら、全身脱毛の施術を受けた当日にムダ毛は抜けないのです。
光や医療レーザーを使って全身脱毛の施術を受けたときには、お肌に光や医療レーザーを照射してから、およそ二週間ぐらいが経過した後に事前に抜け落ちるのが一般的になります。
初めて全身脱毛の施術を受けたときには、この仕組みを理解できないため、全身脱毛の施術を受けた、その日にムダ毛が抜けないことに驚いてしまう人もいます。
とはいっても、このことは、それぞれの脱毛サロンで全身脱毛の施術を施す前に行われる無料カウンセリングで説明を必ず
されます。
今までカミソリなどを使用して自分でムダ毛を処理したことしかないという方にとっては、ムダ毛が施術を受けた、その日に抜けないことに驚くかも知れません。
処理をした、その日にムダ毛を処理できるのは、カミソリを使って剃ったり、ピンセットやブラジリアンワックス、脱毛テープなどを使って抜いて処理する場合だけです。
しかし、このようなムダ毛の処理方法は毛嚢炎などといったお肌のトラブルを引き起こす可能性が高いため、ずっと自分でムダ毛処理を続けることは、お肌に良くありません。
しかし全身脱毛の施術を受けて二週間が経過したにもかかわらず、自然に抜けないムダ毛がある場合は照射漏れが発生している可能性があります。
その場合は次回の全身脱毛の施術を受けるときに脱毛サロンのスタッフにムダ毛が残っていることを指摘をして、対処方法を相談する必要があります。

Friday, 16 September 2016

デビッドカードでETCカードは作れる?作れない?

ETCカードを作れるのはクレジットカードのみでデビットカードは対応していません。これはデビットカードの即時決済に対応しておらず、後日利用料金を支払う仕組みになっていることが理由です。
クレジットカードはその人が後払いでもちゃんと利用した代金を支払えるかどうかを審査した上で、その審査に通過した人のみ利用できますが、デビットカードは原則として即時決済です。そのためもしも銀行口座に残高がないままでETCを利用すると、料金の支払いをせずにスムーズに料金所を通過できるというシステムが稼働しなくなります。スムーズに料金所を通過できるようにするためにデビットカードでも利用できるようになってしまうと、後払いのシステムでは料金の踏み倒しが起こる可能性もあります。そのため、即時決済で銀行の残高以内しか利用することができないデビットカードではETCカードが作れないのです。
どうしてもETCを使いたいという場合にはパーソナルカードを作ることで利用することができ、1か月単位で高速道路の料金をまとめて引き落としされます。しかしこの場合にもデビットカードは使えず、銀行から引き落としという形になる上、利用料金の未払いを防ぐためにデポジットが必要となります。最低でも4万円のデポジットが必要となり、高速道路を利用する回数が多ければその金額はさらに高くなります。また年会費も必要となってしまいますので、頻繁に高速道路を利用しないのならば現金払いの方がお得になる可能性が高いです。